HOME > Blog > 伐採 > 個人伐採の危険性

個人伐採の危険性

内部が腐った木

栃木県など地方では、庭木はもちろん、林、山などが沢山あり、自然がより身近にある為か、立派に育ち大きな木となった庭木を管理できなくなってしまい、つい個人で伐採をしてみたら、高所から落ちて怪我を。。
なんてお話を伺うことも、栃木ではよくある話なのですが、、

すみませんが、
プロからするとさすがに危険かと思います。
ということで、今回は個人伐採に潜む危険をご紹介いたします。

 

木の内部腐食

個人宅の庭木に多い例が、木の内部が腐食しているケースです。
外から見ただけでは、腐食に気づかない為、なめてかかると思わぬ危険に見舞われてしまいます。

例として

  1. 木の内部腐食により、予定ではない方向に木が倒れてくる
  2. 見た目より早く木が倒れてくる
  3. 高所伐採時に、木や枝が折れ、高所から落ちてしまう

などの見ただけでは気づかない危険が潜んでおり、事故や怪我にまで発展してしまうことがあります。

個人での高所伐採に潜む危険

高所伐採では、プロは危険と判断した場合、高所作業車を利用し、太い枝を落とす時もクレーン車を利用しますが、個人では、つい簡単に作業を終わらせるために簡略化して作業をするケースがあるようです。

足を滑らせ落下

命綱はもちろん、足元にも気をつけ、できるだけ滑らない靴を履く。危険な場合、命綱を用意し装着する。
特に大怪我になってしまうケースが高所作業中の落下です。
高所伐採の作業時には、必ず命綱を装着してください。

軍手などの保護アイテム

木を切る際、刺が刺さっことがありますので、軍手をはめてください。
作業の際、目にゴミが入ることがありますので、ゴーグルのような目を保護するものがあると尚良いかと思います。

簡単ですが、個人伐採での作業時のご注意でした。

手に負えない程、木が大きくなってしまった場合は、ぜひプロにご相談ください。

 

2017年04月20日  カテゴリー: 伐採

この記事のトラックバック用URL

お申し込み・お見積 電話:028-682-3364 携帯電話:090-9309-0705 受付時間/9:00〜18:00
  • NEW ENTRY

  • CATEGORY

  • ARCHIVE

    • 小澤木材店【栃木県】